ハロー!プロジェクト オフィシャルショップの生写真・グッズ発売情報やイベント情報をお届けします!

イベント

アーティスト別

4/15(土)14:00~東京秋葉原店にて『ハロショトーク⑳ アニメーション監督・神谷純が、ハロ! ステで見るアンジュルム・ストーリー』開催!

4/15(土)14:00~東京秋葉原店にて『ハロショトーク⑳ アニメーション監督・神谷純が、ハロ! ステで見るアンジュルム・ストーリー』開催!
[更新日:2017年3月27日]
[2017年4月15日(土)発売]

『ハロショトーク⑳』
ハロー!プロジェクト及び、その関連ユニットやソロのファンである、また、愛ある仕事で情報を送り出している、メディア関係者、ミュージシャン、クリエイターなどが、それぞれの視点で、ハロプロ、ハロプロメンバー、楽曲、ライヴなどを語り、好きな曲、聴いてもらいたい曲なども紹介していくトークイベントで、今回は20回目!

ゲストは、TVアニメ『双星の陰陽師』(2016-2017)、Amazonプライム配信の『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』(2017)などの絵コンテ、『キングダム』(2012)、『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』(2013)などの監督、神谷純さんが登場!Twitterではアンジュルムについてのツイートが多めながらも実はDDというクリエイター神谷純さんのハロ遍歴、LIVE参戦歴と、神谷さんが選んだ『ハロ! ステ』にあるアンジュルムの歴史的名場面を見ながらトークしていきます。また、特撮専門誌『宇宙船』にて、アンジュルムのあいあい=相川茉穂の連載「私、怪獣の味方です」を担当している編集者、ライターのサマンサ五郎さんもコーナー・ゲストとして登壇します。

『ハロ! ステ』をイベント前にもCHECK!


[日時]
4/15(土)14:00~
★観覧フリー★

[開催場所]
東京秋葉原店

[観覧フリーイベント注意事項]
・イベント観覧席はフリーです。開店時間10:00~からイベント開始をお待ちいただけますが、開店時間前にお待ちいただくスペースはございませんので、開店時間10:00に6階店舗にお越しいただけますようお願い致します。
・お荷物のみの場所取りはご遠慮いただいております。
・イベント開始前に観覧スペースの準備をいたします。ご協力をお願いいたします。
・会場内での飲食・撮影・録音行為は禁止とさせていただきます。
・係員の指示に従っていただけない場合・他のお客様のご迷惑となる行為をした場合は、退場していただきます。

[出演者]
神谷 純(アニメーション監督)
コーナー・ゲスト:サマンサ五郎(怪獣怪人ライター/編集者)
高島幹雄(フリー・ディレクター/ハロショトーク企画・構成・MC)


[出演者プロフィール]
●神谷 純 Twitter @junkamiya
アニメーション監督として『BLUE SEED』(1994年)、『南海奇皇(第1期)』(1998年)、『ぐるぐるタウンはなまるくん』(1999年)、『ヒカルの碁』(2001年)、『ディノブレイカー』(2005年)、『ザ・サード ~蒼い瞳の少女~』(2006年)、『サルゲッチュ オンエアー 2nd』(2006年)、『ペンギンの問題』(2008年)、『キングダム(第1期)』(2012年)、『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』(2013年)など。
2008年に、不意に自分の脳内に舞い降りたBerryz工房ブームから、いつの間にかハロプロDDに。「在宅一筋で」だったが、2013年の°C-ute武道館初日に、いてもたってもいられず参戦。「なにこれ楽しい!」と以降、ちょくちょく参戦おじさんにモードチェンジ。

●サマンサ五郎
「怪獣怪人で稼いだお金はすべて怪獣怪人のオモチャに」をモットーに働く、ほぼ怪獣怪人専門ライター兼オモチャマニア。特撮誌『宇宙船』にてアンジュルム・相川茉穂のトーク連載「私、怪獣の味方です」を担当するほか、「チェーンソー兄弟」名義で特撮誌『東映ヒーローMAX』に「東映怪人考察行脚」を連載中。本来のペンネーム・鴬谷五郎名義の著書に『魂の仮面ライダー爆弾 COMPLETE+』(漫画家・村枝賢一と共著)、『東映ヒーロー仮面俳優列伝』がある。また、編集者として『スーパー戦隊35作品記念公式図録 百化繚乱 戦隊怪人デザイン大鑑』、『語れ!ウルトラ怪獣』、『韮沢靖 追悼画集 BLOOD of NIRA’s CREATURE』ほか、ほぼ怪獣怪人関係の書籍・ムックを企画・編集。
「ハロプロは純然たる趣味」のはずが、ムック『「怪獣酒場」大図鑑』で迂闊にも仕事にしてしまい、現在に至る。

●高島幹雄(イベント企画、進行MC)Twitter@micktk 
2002年までバップに勤務して宣伝~制作。その後フリーで、パッケージメディアクリエイター(CDやDVDなどのパッケージアイテム、音楽配信や番組などのノンパッケージの企画・制作…要はフリーのディレクタ―やプロデューサー)、御依頼によってライターやラジオパーソナリティーなど。
ハロプロ歴は、2003年あたりに離脱後、2009年末に偶然にテレビで見た石川梨華が気になり、H&Aで突如マイブーム、その後フラッと行ってみた『モーニング娘。コンサートツアー2010春~ピカッピカッ!~ 』でハマった後は、他のハロプロユニットへと興味が広がり、2012年当時THE ポッシボーだったチャオ ベッラ チンクエッティへの取材仕事を機に、アプガ、吉川友などハロプロ外の関連ユニットも気になるDDになって今に至ってます。

*最近の企画制作(編集)仕事
CD6枚組『ウルトラマンメビウス 10TH ANNIVERSARY SPECIAL BOX』
書籍『ベルサイユのばら -アニメーション・アルバム-』
菅原文太主演ドラマ『警視庁殺人課 DVD-BOX』全2巻(ブックレット編集

◆ツアーグッズとして販売のムック本の企画編集
結成10周年メモリアル・ムック
『THE ポッシボー → チャオ ベッラ チンクエッティ10 Years and The Future Alive 4U!!!!』

*ハロプロ関連仕事
HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」にてコラム連載中!

*レギュラー出演番組
FMラジオ『週刊メディア通信』
ミュージックバード制作、発信で東京は調布FM他、各地のコミュニティFMで順次放送。バップ勤務時代の1998年スタート、2017年には1000回迎える予定。19年目の長寿番組。2010年1月よりハロプロ及びその関連アイドル楽曲をほぼ毎週紹介してきています。
ネットで聴けるサイマルラジオの案内も含む詳細はこちらのリンクにあります。

前のページへ戻る
forTop